小島製菓のご紹介

創業昭和二十年今も変わらぬ美味しさを

小島製菓の歩み

 創業者の小島義男が釜石・大橋から現在の上中島町で小島製菓を創業。小学校などへの給食用のパンなどを製造していた。その後、同市にあった橋の上に市場があるという世界でも珍しい橋上市場に店舗を構え販売をしていた。橋上市場には問屋や個人商店なども大量にお餅などお菓子を仕入れに来ていた事もあり、この頃から大量生産型の商売スタイルに切り替えて行く。
 製造・販売から製造・卸になっていったのはその後すぐで市内のスーパーや個人商店をはじめ、隣町の大槌・山田町へも商圏を広げる。その後、個人商店から大型スーパーマーケットへとマーケット市場の変化に合わせ、商圏を岩手沿岸(宮古から大船渡)岩手内陸(遠野・花巻・北上)まで広げ県内のお客様へ昔からの味を大切に毎日食べたくなる味をご提供しております。

創業者である小島義男と妻
当時は国道側に店を構えていた

ご挨拶

 小島製菓の企業理念は『和菓子で笑顔を創る』です。大切なご家族と、大切なご友人の方々との楽しいひとときに私どものお菓子があることで、そのひと時に少しでも幸せな笑顔がありますように一つ一つのお菓子を丁寧に真心込めてお創りいたします。企業に大きさはあり、私どもは決して大きな企業ではありません。しかしながら、安全性はもちろん、ベテラン職人から新人職人まで、お客様の笑顔を創ることに関しては全員プロ意識をもって皆様に変わらない味をご提供できるよう、日々精進していく所存でございます。

二代目 菊地 實

会社概要

社名 有限会社 小島製菓
所在地 〒026−0041 岩手県釜石市上中島町1-2-38
TEL 0193-23-6376
FAX 0193-27-2391
創立年月日 昭和40年2月
代表者名 菊地 広隆
資本金 1,000万
従業員数 6名(男性2名/女性4名 パート・アルバイトを含む)

当店の代表的な和菓子

しあわせの酒まんじゅう
sake

釜石の銘酒の浜千鳥の酒粕を使用しておりほのかに浜千鳥の爽やかな香りはお酒のお好きな方はもちろん、そうでない方も楽しむ事ができます。お饅頭の生地はお酒の原料と同じくお米の粉(米粉)を使用しておりますので、モッチリとした食感を楽しむ事ができます。パッケージは、釜石を代表する魅力あふれるキャラクター達が、皆様へこれまでの感謝の気持ちと、皆様のこれからの幸せをお祈りしております。というメッセージが込められております。

釜石のおやつ 揚げまんじゅう
agemanjuu

年間売上数20000パック以上!!小島製菓の定番商品がついにお土産品になりました。地元の皆様へ愛される続けて30年の超ロングセラー商品。特製配合のお砂糖をまぶし、サクっと香ばしい表面とふんわり柔らかな生地、そして甘さ控えめな伝統のこし餡のバランスは絶品です。釜石を代表するおやつをどうぞお試しください。

くるみだれアイス
ice

伝統の『練りくるみだれ』を塩ミルクアイスに贅沢にかけました。くるみの風味豊かで濃厚なくるみだれと、それを引き立たせる塩のきいた甘さひかえめでキレのある塩ミルクにかける事によって、いままでに召し上がってきたくるみのイメージがすこし変わります。トッピングにさらにローストした鬼クルミを振りかけて召し上がり下さい。